【キムチ】自家製ヤンニョム作り

韓国料理

 

韓国と言えば・・・・

すぐに、思い浮かぶものがキムチ(김치)!

 

韓国では、冬になると家族そろってキムジャン(김장)で大忙し~

 

でも、最近は韓国でも共働きで忙しかったりなど

キムチ漬けが大変なのでマート(スーパー)で購入する人も多いようです。

 

キムジャン(김장)とは、11月下旬から12月中旬にかけて

冬から春にかけて食べるキムチを家族が集まって大量に漬け込む行事のことです。

韓国では、地方によって気温の違いで時期が少し変わるようですが冬の風物詩です。

 

韓国産の粉唐辛子で自家製ヤンニョム作り

 

 

11月は、我が家もキムジャン(김장)の準備!

 

材料をミキサーにかけて、のり・粉唐辛子などを混ぜてヤンニョム作り。

 

キムチのヤンニョムは、地方・家庭によって使う材料も特色があるようだけど

我が家では最低限の材料でシンプルに作っています。

 

とは、言っても・・・・

この時期は、地元高知の新高梨が旬!

 

Risaピョン
新高梨を入れると、自然の甘みで美味しくなるのよね~

 

 

ヤンニョムの材料にかかせない粉唐辛子は、韓国の市場で購入したものを

2種類混ぜて使っています。

 

生姜や大蒜は、高知県産のものを使用。

高知は、生姜の生産でも有名なので質の良いものが手に入ります。

 

そして、キムチ漬けに必要な材料・調味料といえば

アミの塩辛(새우젓)やカナリエキス(까나리액젓)ですね。

 

Risaピョン
この材料を入れるだけで、味に深みがでるのよね~

 

地元では、アミの塩辛が手に入りにくいのでインターネットで注文しています。

 

Risaピョン
今は、本当に便利だね~

 

手作り梅シロップで自家製の味!

 

 

もう一つの隠し味は・・・・自家製の梅シロップ(매실청)

 

毎年、6月になると梅シロップを作っています。

これは、キムチ漬け以外にも韓国料理を作る時の万能調味料!

 

ヤンニョムに、梅シロップを加えると辛さ・甘みのバランスがとれた

深みのある味に変わります。

 

Risaピョン
梅シロップ!最高~

 

 

これが、地元高知の食材と韓国で調達してきた粉唐辛子が

コラボしたヤンニョム!

 

我が家のキムジャンまで、冷凍庫で保存。

 

キムチ漬けは、大変な作業だけど市販のキムチより

美味しいので毎年恒例の行事。

 

気がつけば・・・・

Risaピョン
キムチを漬け始めて10年!早いね~

 

キムチを10年間食べ続けると
  • 真冬でも、風邪をひかなくなりました。
  • 一度も、インフルエンザにかかったことはありません。
  • キムチの乳酸菌で、免疫力が高まってやる気もUP!

 

Risaピョン
キムチで健康管理!オススメです。

 

冬場、韓国に行く人は中部市場(중부시장)で本場のキムチを買って

日本へ持ち帰るのも楽しいかもね!

 

キムチは、発酵食品なので夏場や温度が高い時期は袋がパンパンに膨らみます。機内持ち込みが不可なので、預け荷物になります。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行(リピーター)へ 

 

スポンサーリンク