【高知】ポップアートに包まれた滞在型体験のお寺!四国遍路巡礼 岩本寺

西部エリア

 

今回の記事は、四万十町にある第37番札所 岩本寺(이와모토지)についてご紹介します。

 

岩本寺は、日本遺産「四国遍路」巡礼マップの札所で

弘法大師空海ゆかりの地です。

 

 

高知市から車で(高知自動車道経由)約1時間!

窪川駅から徒歩約7分、ワクワクするようなお寺があります。

 

これから、巡礼やお寺巡りを始めようと思っている人は

この記事を読めばお寺のイメージが変わります。

 

四万十町の第37番札所 岩本寺へ、聖地巡礼に行ってみましょう。

 

 

お遍路サイクリングもウェルカム!

 

 

岩本寺(이와모토지)の山門を通り過ぎると、ポップなアートがお出迎え!

 

Risaピョン
楽しそうなお寺!ワクワクするね~

 

岩本寺山門ガレージアートは、四万十川の水とハートキャラを使って制作された“映える写真”オススメの撮影スポットです。

 

 

敷地内のサイクリングスタンドは、2020年に設置されました。

 

Risaピョン
お寺とサイクリング!アクティビティで良いね~

 

 

Risaピョン
アートの前で記念撮影も忘れずに!

 

 

本堂へ上がる階段横に、ペギー葉山さんの石柱があります。

 

 

階段を一段一段上がると、足取り弾むアート!

新しい時代を感じさせるような、お寺の雰囲気です。

 

ポップアートとお寺がコラボ!

 

 

仁王門には、楽しいポップアートがウェルカム!

 

湘南出身のPOPアーティスト・SHETA (シータ)さん。親しみとユーモア溢れる作品を色鮮やかさと大胆かつ力強い線で表現しています。

 

 

参道脇の手水舎で清めた後、境内を散策します。

 

 

境内の入口には、外国人観光客も一目でわかる案内表示板があります。

 

 

境内のいたるところにポップアートが彩られ、心踊る岩本寺。

 

 

岩本寺では、誰でも自由に鐘をつくことができます。※寺院で確認済み。

 

参道脇の鐘に引き寄せられ、お賽銭を入れて鐘をついてみました。

 

ゴーンと鳴り響く鐘の音・・・・

 

Risaピョン
心地良い余韻、心の軸を整えてくれるみたい!

 

 

楽しい参道は、足取りも軽やかになります。

 

 

絵馬が風に吹かれて鳴る音は、スピリチュアルを感じるかもしれません。

 

参拝したあとの厄落とし!七不思議厄割

 

 

参道の奥には、本堂宿坊(売店)があります。

 

 

本堂の前には、かわらけ(土器)割りがあり厄除けを願うことができます。

 

Risaピョン
厄落とし!目に見えない力も必要だね。

 

 

かわらけ(土器)割りの前に、本堂と大師堂をお参りしましょう。

 

 

かわらけ割り
その昔、かわらけを自分の厄を憑りうつらせた人形的なものとみなし、これを破砕することで、厄を祓うという厄除けの風習が由来となっている。岩本寺に伝わる七不思議の「戸立てずの庄屋」「口なし蛭(くちなしひる)」「伊予木川の貝」のように厄除けを願うことができる。

 

境内の見どころ!丸い円形の歓喜天堂

 

 

大師堂の前に建つ歓喜天のお堂は、平成8年(1996)に落成した建物。木造でありながら円形という珍しい造りとなっている。本尊は大聖歓喜自在天で、歓喜天や聖天といった名でも知られている。商売繁盛、夫婦円満、子授け祈願、病悩祈願などにご利益があるといわれる。頭は象、体は人間の形をしている。

出典:高知編 | 歩き遍路のための「四国遍路」巡礼マップ

 

 

Risaピョン
丸いお堂!円が縁を呼ぶ?頭が象に見えて、かわいい(笑)

 

 

珍しい木造のお堂は、隅々のデザインも一押しです。

 

江戸時代の建造物!大師堂

 

 

特別結緣(こうぼうりしょう)  お大師さま(空海上人)は九二一年(延喜二十一年)十月二十七日「弘法利生」の業績から、弘法大師の諡号を賜りました。令和二(二〇二〇)年はお大師さまが諡号を賜って一一〇〇年目記念の年になります。「南無大師遍照金剛」のご宝号はお大師さまが弘法大師の諡号を賜ったころから始まったと伝えられております。お大師さまのゆかりの地であり、お大師さまや仏さまをより身近に感じられる場所として、多くの方が現在でも遍路されている四国八十八ヶ所霊場では、このことを記念し、お大師さまの尊像に善の綱を繋げました。お大師さまからの善の綱は五鈷杵に繋がっております。「南無大師遍照金剛」のご宝号念じながら、この五鈷杵に触れていただき、お大師さまとのご縁をより深くしていただければ幸いです。

出典:!SHIMANTO 岩本寺に泊まる

 

 

大師堂で参拝したあとは、五鈷杵(ごこしょう)に触れて

お大師さまからのパワーをいただきましょう!

 

境内入り口にあるアルコール消毒も忘れずに!

 

本堂の中で見上げた天井画!アートの世界

 

 

第三十七番札所 藤井山 岩本寺  岩本寺では五等の本尊を祀っています。寺伝によれば、聖武天皇の勅命を受けた行基が、七難即滅、七福即生を祈念して、現在地より北西の仁井田明神の修に建立した福圓満寺が前身とされています。仁井田明神の別当寺であったことから、仁井田守とも呼ばれていました。空海がこの寺を訪れたのは弘仁年間、空海は一社に祀られていた仁井田明神の御神体を五つの社に別け、それぞれの社に不動明王像、観音菩薩像、阿弥陀如来像、薬師如来像、地蔵菩薩像を本地仏として安置しました。空海は、さらに末寺五ヶ寺を建立したとされ、福圓満寺等は七ヶ寺と合わせて十二福寺、また仁井田明神は仁井田五社と呼ばれていました。天正時代に兵火等で寺社共に一時衰退してしまいます。再建の際に、この地域の全ての神社を管像下においていた岩本寺(当時は岩本坊)に、寺の法灯並びに別当職はされ、継水されてきました。戦国・江戸時代には武将や帯主等から寺領等の寄進を受け、神仏習合の札所として隆盛を誇りましたが、明治になると神仏分離の政策で仁井田五社と分離され、五尊の本地仏と札所が岩本寺に統一され、それに伴い寺領地の大半を失ってしまいます。その後、少しずつ再建が進み、現在に至っています。

出典:!SHIMANTO 岩本寺に泊まる

 

 

 

本堂では、有料で祈願の線香・蝋燭もお供えできます。

 

 

大きな蝋燭の灯明を種火としてお使い下さい。

 

 

仏足跡
お釈迦さまの足跡を印したものです。お釈迦さまが入滅され 現在のような仏像が造られる以前はお釈迦さまの足跡を印し礼拝してきました。この左足の仏足はインドグプタ朝五世紀の作で最も古い仏足跡の模刻です。この仏足跡を合掌し礼拝した手で身体の悪い箇所を撫でると罪障を滅し諸願を成就するといわれています。

 

仏足跡は、本堂入口の階段横にあります。見落とさないように!

 

 

本堂の中は、壁・天井に鮮やかな絵が彩られて

一枚一枚に特色があります。

 

 

天井画は洋画・日本画・水彩画・水墨画・ちぎり絵などがあり、

美しさに目を奪われます。

 

 

575枚の天井画は、プロ・アマチュア約400人が参加して奉納したものです。

 

 

心安らぐ空間には、仏様やマリリン・モンローの天井画もあります。

 

Risaピョン
天井ではなく、天からパワーを感じるような本堂。素敵だね~

 

アクティビティ体験、滞在可能な宿坊!

 

 

宿坊を中心に滞在型体験が可能な岩本寺は、

今までないようなお寺ステイを楽しむことができます。

 

 

宿坊には、トイレや売店もあります。

 

 

 

たくさんのオリジナルグッズや書籍、お菓子も販売しています。

 

 

 

売店は無人のときもあるので、帰らないように気をつけてください。

 

誰もいない時は「ボタン」を押してください。強めに押して!

 

 

個人的には、韓国女子 涙と絆の四国八十八ヶ所参り をみつけて購入しました。

 

お一つどうぞ お接待!納経所

 

 

 

仁王門のすぐ横に、納経所があります。

 

 

お接待です!ご自由にどうぞ。

 

 

お遍路さんは、四国のお接待という文化を受けながら

弘法大師空海ゆかりの地をめぐります。

 

まとめ

 

 

岩本寺は、体験・宿坊寺キャンプなどアクティビティ豊富なお寺です。

 

2021年3月末以降、トゥクトゥクレンタカーも導入予定。

 

お寺ではない?ような・・・・お寺!

 

Risaピョン
お寺のイメージ!変わるかもね

 

お寺の境内でBBQやデッキの貸切りサウナ、

アートに包まれ心も身体もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

 

 

岩本寺(이와모토지)<アクセス>

 

 

  • 住所:高知県高岡郡四万十町茂串町3−13
  • TEL:0880-22-0376
  • 駐車場:普通20台・大型4台
  • https://at40010.jp/

 

スポンサーリンク