生の高麗人参の持ち帰り方法☆韓国から日本へ!

2014年 光州・木浦・ソウル

 

今回は、韓国から生の高麗人参の持ち帰り方法(個人用)を

紹介します。

 

以前の旅行記にも少し書きましたが、生の高麗人参

処理をしないとそのまま持ち帰ることは出来ません。

 

diary2014_img030_014.gif

 

生の高麗人参を、帰国時に持ち帰りたい・・・・

初めて挑戦しました。

 

これは、京東市場(경동시장)にある錦山高麗人参(금산인삼)という

高麗人参の専門店で購入しました。

 

高麗人参は、6年根のものが良質のサポニンも多く良いと言われ

高麗人参酒などにも使われます。

 

写真の高麗人参は、6年根14,000ウォン/300gでした。

 

diary2014_img033_001.gif

 

まずは、これを日本に持ち込むには帰国時に植物検疫を受けるために

“土・泥”を洗い落とさなければいけません!

 

これが、一手間かかりちょっと根気がいる仕事です(汗)

その為、キッチンのあるレジデンスだと作業がしやすくて

便利なのよね~

 

生の高麗人参は、1本ずつ丁寧に根っこから股まで

優しく念入りに洗います。

 

その時、使う必需品は歯ブラシ歯間ブラシが大活躍!!

 

diary2014_img033_002.gif

 

歯ブラシは、日本から使わないものを持参していました。

 

そして、高麗人参を洗っていると

の間が洗いにくいことに気づき・・・・

 

たまたま、持参していた歯間ブラシを使うと洗いやすくて

根っこも切れにくく作業が進みやすかったです。

※経験者は、語る(笑)

 

もう一つ、あまりにも黒ずんでいるようなところは

ナイフで少し切り取りました。

 

これが(下の写真)、洗い終わった生の高麗人参の状態です。

 

diary2014_img033_003.gif

 

作業終了後は、高麗人参を入れてもらった袋も

“土”が残らないように洗って干して乾燥!

 

高麗人参は、新聞で包み帰国時まで冷蔵庫に保存!

新聞は、行きの飛行機で取ってきたものです。

 

ちなみに、この作業は帰国二日前にしました。

( ※ 可能な限り帰国前がベスト! )

 

理由は、購入時にお店の人に生の高麗人参の保存期間を聞くと

冷蔵庫で15日間と言っていました。

 

diary2014_img033_004.gif

 

そして、帰国日には高麗人参をお店の袋に入れて

さらに新聞で包み空港の手荷物(機内持込み)として持参します。

 

出国の際、手荷物検査でも大丈夫でした!

 

機内では、税関申告書(携帯品・別送品 申告書)も

忘れずに記入しておきます。

 

空港(日本)に到着後、高麗人参を検疫カウンターに持って行き

検査を受けます。

 

検疫官:「 何を、持ち込まれましたか? 」

 

Risaピョン:「 生の高麗人参です! 」

 

その後、検疫官の方は1本づつ高麗人参を隅々まで見て

股の部分も広げて目視検査をしました。

 

この数分が、“ドキドキ”緊張の一瞬・・・・

しかし、私の努力は報われ合格!!

 

何か、試験に合格した気分(笑)

とても、嬉しいです。

 

検疫検査が終わると、『植物検査合格証印』を押しシールで

貼ってくれます。

 

これを、貼ってもらった後は堂々と入国するのみ!

 

diary2014_img033_005.gif

 

そして、これが念願叶って我が家に到着した生の高麗人参です。

この貴重な高麗人参を、どのように使うか?

 

diary2014_img033_006.gif

 

メインは、我が家手作りの高麗人参酒に使用。

 

高麗人参を、ビンに入れて35度のホワイトリカーを注ぎ

後はエキスが出るのを待つのみ!(下の写真)

 

そして、残りは牛乳・蜂蜜・高麗人参(少し)を

ミキサーにかけて飲みました。

 

高麗人参の香が良くて、美味しかったな~

 

高麗人参が、大好きな私にとっては最高!

 

diary2014_img033_007.gif

 

さすが、生の高麗人参は日数が経つにつれてエキスが

“どんどん”出てきて琥珀色に変わります。

 

これは、約3ヶ月後の様子!

 

diary2014_img033_008.gif

 

普通、高麗人参酒を購入すると高価ですが

自分で作ると安くて美味しいものを飲むことができます。

 

しかし、“土”が残らないように処理することが

大変なので覚悟が必要かも?

 

ちなみに、洗う作業は1時間かかりました(汗)

 

これは、高麗人参好きにしかできない作業かも!

でも、諦めていた人は是非挑戦してみて下さい。

参考になれば、嬉しいです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行(リピーター)へ 

 

韓国「最終日10日目☆東大門de朝食&仁川国際空港」 <

スポンサーリンク