韓国「地方!慶州☆新羅ミレニアムパークへ~」

2015年 釜山・慶州

午後2時15分!仏国寺の停留所に到着後

新羅ミレニアムパーク(신라밀레니엄파크)へ行くことに、決定☆

しかし・・・・・

バスが、なかなか来ないようなので時間のことを考えると
タクシーを利用するのが便利!

午後2時20分!タクシー乗車

ちなみに、タクシー料金9,690ウォンでした。

diary2015_img041_001.gif

午後2時40分!新羅ミレニアムパークに到着

ここは、新羅の歴史と文化を再現した歴史体験テーマパークです☆

新羅ミレニアムパーク(신라밀레니엄파크)のコースは、案内図を見ると
横長に広くなっています。

まずは、入り口で入場料18,000ウォン(一人)を購入!

入場料は、ちょっと高いけどせっかく慶州まで来たので
一度は行ってみなくちゃネ(^-^)

diary2015_img041_002.gif

ミレニアムゲート(入り口)を入って行くと、色々なオブジェがあります。

こちらは、瑞獣形土器をモチーフに作られています☆

diary2015_img041_003.gif

右側には、十二支神像のモチーフがずらっと並んでいます☆

その中でも、やっぱり気になるのは自分の生まれの十二支かな(^-^)

diary2015_img041_004.gif

さらに、奥へ進んでいくと・・・・・・

ここでは、1日2回公演が行われている場所です!

diary2015_img041_005.gif

ちょうど、2回目(午後2時30~)の公演「 天櫃の秘密 」
始まっていました♪

diary2015_img041_006.gif

公演は、新羅の花郎(ファラン)ミシランの英雄叙事劇で
特殊効果やスタントが見所のようです。

diary2015_img041_007.gif

私達は、終わる少し前から見始めたけどメインの公演だけあって
特殊効果等で迫力もあり面白かったです(^^)

最初から、見てみたかったけどね~

diary2015_img041_008.gif

これは、エミレタワーという聖徳大王神鍾の約4.5倍の規模で
建築された新羅ミレニアムパークの象徴にもなっている建築物です☆

この反対側には、軽食を売るお店もありました。

diary2015_img041_009.gif

さらに、道なりに歩いて行くと・・・・・

あちこちに、チンダルレ(진달래・カラムラサキツツジ)が咲いていて
キレイでした(^-^)

この道は、観光客も少なく貸し切り状態で歩いているようで
心地よかったです☆

diary2015_img041_010.gif

そして、看板が目に入ると日本語でグルメ通り村
書かれていました☆

やっと、食べれる~~~(^O^)

diary2015_img041_011.gif

入り口には、メニューの看板もあり日本語でも書かれていました。

食事の種類は、そんなに多くはないけど広いパークを
これから散策するにはエネルギー補給しておかなくちゃネ!

diary2015_img041_012.gif

この白いテントの中が、食堂になっています。

diary2015_img041_013.gif

まずは、看板メニューの食事や飲み物などを注文して
支払いを済ませます。

diary2015_img041_014.gif

食堂内は、外から見た感じよりもかなり広くたくさんのお客さんが
入れるようになっています。

しかし!!

ここでも、貸し切り状態★

午後3時15分!

昼食の時間を、かなり延長したからね~(^^;)

diary2015_img041_015.gif

ここは、注文した料理や水はセルフサービスです!

しばらくすると、ブザーが鳴ったので食事を受け取りに行きます♪

diary2015_img041_016.gif

これは、육개장(ユッケジャン)7,000ウォンで二人とも同じものを
注文しました。

味は、大衆食堂にあるような味で専門店のような味はないけど
お腹も空いていたので美味しさ倍増!!

久しぶりに、ユッケジャンを食べたわ~♪

diary2015_img041_017.gif

そして、飲み物は동동주(ドンドン酒)7,000ウォンを注文☆

これ!
韓国の時代劇のドラマで、見るような入れ物で雰囲気たっぷり♪

diary2015_img041_018.gif

ドンドン酒を、コップに注ぐと泡が“プクプク”☆

味も、飲みやすくて美味しかったな~

Tomoは、ユッケジャンよりドンドン酒の方が
気に入ったみたいネ(^-^)

貸し切り状態で、飲んでいたら2組の家族連れが入ってきて
ジョンを食べていました。

ジョンには、ドンドン酒が合うよね~と思っていたら・・・・・・

飲み物は水!!

昼間から飲んでいるのは、私達だけでした(^_^;)

diary2015_img041_019.gif

午後3時45分!

エネルギー補給後は、パーク内を散策~♪

diary2015_img041_020.gif

韓国ドラマを、見てるような風景☆

チンダルレの鮮やかな色が、映えますね!

diary2015_img041_021.gif

午後4時!

ここでも、1日2回公演「 花郎(ファラン)の道 」が行われています。

diary2015_img041_022.gif

この公演時間には、間に合ったので最初から楽しめそうです♪

観客席には、たくさんの小学生が先生と一緒に見に来ていました。

diary2015_img041_023.gif

公演は、新羅時代の花郎(ファラン)の武芸・馬術訓練を再現した
演出を見ることが出来ます☆

diary2015_img041_024.gif

最初、この場所に登場すると馬さんが挨拶します☆

それが、可愛くてその後の公演も期待出来そうですね~

diary2015_img041_025.gif

馬の上で、激しく演技していて迫力ありました★

diary2015_img041_026.gif

そして、この演技されている方達が若い!!

私には、中・高校生ぐらいにしか見えなかったけど・・・・(^^;)

diary2015_img041_027.gif

そして、馬に乗りながら観客の方の前を走りながら
馬術を再現してくれます。

それが、落馬しないかな~と思うような馬術に“ドキドキ・ハラハラ”☆

そこで!小学生のコールが・・・・・・出た~!!

小学生:「 オッパ(오빠・お兄さん)~~~

オッパ~~(^O^) 」

はい!私は、対象外なので叫べません(^^;)

でも、小学生のオッパコールは可愛かったですよ♪

diary2015_img041_028.gif

タイミングよく、韓国の小学生と一緒に公演を見て
大人とは違う反応も見ることができ楽しい時間でした(^-^)

公演終了後は、入り口の方へ戻りコース順に見てまわりました。

diary2015_img041_029.gif

この奥に見える建物(下の写真)は、伝統家屋の温泉ホテルです。
こんな場所で、宿泊するのも良いな~

宿泊は、無理なのでせめて写真だけ!

ここは、オススメの写真撮影ポイントのようですね~☆

diary2015_img041_030.gif

こちらも、カメラで撮ると良い雰囲気が出てます☆

平日は、観光客も少ないのでこういう写真を撮るには良いですね!

diary2015_img041_031.gif

これは、上の方(写真)にもあったエミレタワー
反対側から見た写真です。

diary2015_img041_032.gif

ここは、チョヨン(奇人)の滝で新羅時代の説話に登場するようです☆

diary2015_img041_033.gif

こちらには、たくさんの土偶がお出迎え♪

diary2015_img041_034.gif

さらに、奥へ歩いて行くと・・・・・・

ここは、伽藍(カラム)滝で水が流れる近くまで
行くことができるようになっています。

diary2015_img041_035.gif

そして、こちらは善徳女王のドラマで撮影された新羅宮廷です!

私は、善徳女王を見てないけどドラマで見たことがあるような
雰囲気がたっぷりで良かったですよ(^-^)

diary2015_img041_036.gif

そして、こちらは大王の夢のドラマ撮影で使われた場所です。

diary2015_img041_037.gif

中の方へ、入って行くとこんな感じ~☆

diary2015_img041_038.gif

こういう場所で、韓国の時代劇が撮影されていのね~

最近、韓国ドラマの時代劇は見てないけど・・・・・・

実際、こういう撮影場所を見るとまた見てみたくなりますネ(^^)

diary2015_img041_039.gif

他にも、パーク内をあちこち散策しましたが
ここで写真をUPするのはちょっと多すぎて・・・・・・・^^;

写真は、ユートラベルさんにUPしましたので興味のある方は見て下さい!

ここを、クリックしてネ!

diary2015_img041_040.gif

午後5時!新羅ミレニアムパークを後に~

パーク内は、意外に広くて公演やじっくり見て歩いていると
2時間は確保しておいたほうが良いと思います。

まだ、日は暮れてないけど1日慶州で満喫しました♪

そろそろ!
釜山へ戻らなくちゃネ・・・・つづく(●⌒∇⌒●)

韓国「地方!慶州☆世界遺産の石窟庵へ~」 < | > 韓国「地方!慶州から釜山へ~釜山(西面)de夕食!イイダコ専門店」

スポンサーリンク