韓国「大学路de昼食!チムタク~現代シティアウトレット東大門店~大学路de演劇!옥탑방 고양이(屋根部屋の猫)」

2016年 ソウル・仁川

 

午前中は、路上美術館などを見て歩いて満喫!

お腹も空いてきたので、大学路で昼食。

 

diary2016_img025_001.gif

 

午後12時30分 お店に到着

ここは、恵化駅からも近く街中にある

大砲チムタク(대포찜닭)というお店です。

 

建物の3階へ、上がって行くと・・・・・

入口の前には、卓球台!

 

私達が、お店に入る時には学生が楽しそうに卓球をしていました。

友人達と、待ち時間や食後に軽い運動をすると

コミュニケーションになって良いかもしれませんね。

 

diary2016_img025_024.gif

 

学生の街!大学路ということもあり

 

お店は、若い人向けかな~?

 

と、思っていたけど・・・・

店内は、シックなデザインでゆったりと過ごせる空間でした。

 

diary2016_img025_002.gif

 

メニューは、こちら!

お店のメインは、チムタク2人~4人分で選ぶことができます。

 

diary2016_img025_003.gif

 

さらに、注文時にはメニューを見て

 

02) 骨付き(뼈)・骨なし(순살)

03) ピリ辛(매콤한맛)・辛口(매운맛)を選択します。

 

メニューが決まると、鶏さんの出番!

 

お腹を押すと・・・・・グァ~

 

すぐに、店員さんが注文を取りにきてくれます。

 

diary2016_img025_005.gif

 

私達は、대포찜닭(大砲チムタク・2人前)22,000ウォン

骨なし・ピリ辛で注文しました。

 

diary2016_img025_004.gif

 

しばらくすると、大きなお皿に入ったチムタクが運ばれてきました。

 

ジャ・ジャン~

 

真ん中のうずらの卵が、鶏に変身してるけど分かりますか?

この一手間が、面白いね~(笑)

 

diary2016_img025_006.gif

 

チムタクを食べてみると・・・・

 

わぁ!辛いかも?

 

Tomo:「 生ビールがないと、食べれない!」

と一言。

 

ピリ辛でも、辛いということですね。

具は、鶏・サツマイモ・ネギ・タンミョン・タマネギ・うずらの卵・餅

などが入っているので食べ応えあり!

 

チムタクは、辛さの中に甘みもあるので一度食べたら

また食べたくなる美味しさでした。

 

diary2016_img025_007.gif

 

こちらは、セルフバーです。

 

セルフには、ご飯・トンチミ(大根の水キムチ)・たくあん・コーン

ありました。

 

トンチミは、辛さを和らげるためにも一般的なものよりは

甘く作られていました。

 

コーンも、マヨネーズ味でこれも辛さを和らげる一品。

どちらも、箸休めに良いですね。

 

diary2016_img025_008.gif

 

これは、黒いケーキではありませんよ(笑)

알밥 (トビコご飯)です。

 

ロウソクも、私の誕生日ではなく・・・・・飾り!

とは言っても、ロウソクを消す時は楽しいものですね。

 

diary2016_img025_009.gif

 

トビコご飯は、外が韓国海苔で中にはトビコ・海苔・天かす

入っていました。

 

一口食べてみると・・・・

 

口の中で、“プチプチ”のトビコと“カリカリ“の天かす

ゴマ油に包まれた感じで濃厚な味。

 

これだけ食べると、少し油っこく感じるけど甘辛いチムタク

調和がとれて相性バッチリ!

 

お酒を飲む人には、ゴマ油が悪酔い防止になって

良いかもしれませんね。

 

diary2016_img025_010.gif

 

ちなみに、トビコご飯はクーポンを利用したので無料です。

 

お腹も!気分も!満たされて満足。

 

店員さんは、若くて元気がありながらも接客サービスも良く

とても感じの良いお店でした。

 

料理以外にも、細かなサービスで楽しませてくれました。

韓国“おもてなし”ですね。

 

diary2016_img025_011.gif

 

お会計は、生ビール3,000ウォン(2杯)を飲んで

28,000ウォンでしたが・・・・

 

店員さん:「 SNSに、投稿しますか? 」

と、聞かれました。

 

この時に、SNS割引がある事を知ってビックリ!

 

diary2016_img025_012.gif

 

ちょうど、今回の訪韓をきっかけにInstagramを使い始めたので

 

Risaピョン:「 後で、SNSで紹介します! 」

 

と言うと、2,000ウォン(2人分)の割引があり

26,000ウォンになりました。

 

このお店に行く方は、SNS割引を利用してみては?

 

午後1時50分

昼食の後は、演劇のチケットを購入するために

ソウル演劇センター(서울연극센터)へ~

 

しかし・・・・

この日、見たかった3時公演のチケットが完売!

 

というわけで、5時15分の公演チケットを購入。

 

午後2時 公演までは、時間があるので東大門へ移動~

 

diary2016_img025_013.gif

 

ここは、3月にオープンしたばかりの

現代シティアウトレット東大門店です。

 

階段下は、地下1階になりウォーリーがお出迎え!

 

ここでは、ウォーリーと一緒に写真を撮ることができ

撮影スポットにもなっていました。

 

diary2016_img025_014.gif

 

館内は、地下2階から9階まであります。

 

まずは、9階まで上がってから下の階へ順番に見て歩きました。

オープンしたばかりなので、一つ一つの店舗に特徴があり

キレイでした。

 

その中でも、一番印象に残ったお店が地下2階にある

YELLOW CAFE(イエローカフェ)です。

 

diary2016_img025_015.gif

 

これ!

見覚えありますよね~

韓国の国民的代表ドリンクの바나나맛우유(バナナ味牛乳)です。

 

私も、これが大好きで滞在中必ず買って飲んでいます。

お店では、このバナナ味牛乳を使ったアイスクリームや

シェフイクなどが楽しめるようです。

 

この時は、昼食でお腹がいっぱいだったので写真のみ。

この巨大なバナナ味牛乳の前は、撮影スポットにもなっています。

 

diary2016_img025_016.gif

 

午後4時 現代シティアウトレット東大門店で、

アイショッピングした後は・・・・

 

地下鉄で、大学路へ~

 

diary2016_img025_017.gif

 

今回、私が見たかった演劇はこちら ↑

地下鉄の広告看板にもあった옥탑방 고양이(屋根部屋の猫)です。

 

午後4時10分 恵化駅に到着

公演時間までは、カフェで休憩と思っていたけど・・・・

 

この赤い看板フルーツジュースに惹かれて~

 

diary2016_img025_018.gif

 

ここは、屋根部屋の猫の劇場からも近い

フルーツジュース専門店でジューススター(쥬스스타)というお店です。

 

生ジュースは、ミディアムサイズジャンボサイズがあり

1,500ウォンから購入することができます。

 

diary2016_img025_019.gif

 

これは、포도주스(ぶどうジュース)3,800ウォン

ジャンボサイズです。

 

一口飲むと・・・・

新鮮なぶどうの味が、爽やかでのど越しスッキリ!

これからの季節には、オススメですね。


diary2016_img025_020.gif

 

午後5時 劇場の中へ~

これが、옥탑방 고양이(屋根部屋の猫)のチケットで割引があり

24,000ウォン(2枚)でした。

 

大学路では、映画を見る感覚で演劇を楽しむことができます。

 

diary2016_img025_021.gif

 

午後5時15分 公演開始

この日は、平日にもかかわらず劇場内はほぼ満席!

 

そして、周辺を見渡すと日本人は私達だけ?でした。

 

diary2016_img025_022.gif

 

約2時間ほどの演劇は、笑いあり!迫力あり!!

 

屋根部屋の猫は、韓国ドラマで知っている人もいるかもしれませんね?

 

私は、この韓国ドラマを見てなくて~

あらすじは、確認していたけど・・・・

 

とにかく、話すスピードが早い!!(汗)

 

全く、分からないわけではなかったけど

以前見た公演よりも難しかったような気がします。

面白かったけどね。

 

そして、俳優さんの演技力にも圧倒されて

私達もパワーを貰いました。

こういう経験も、良いものですよ。

 

diary2016_img025_023.gif

 

午後7時5分

久しぶりに、演劇を楽しんだ後は

東大門へ夕食に・・・・つづく

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行(リピーター)へ 

 

韓国「3日目:朝食!プゴグッ専門店&大学路散策♪」 < | > 韓国「鐘路de夕食!鐘路ポッサム通り」

スポンサーリンク