韓国「北岳山☆広蔵市場de夕食!チャメッチ&屋台へ」

2013年 ソウル・席毛島・水原

スポンサーリンク



 

昼食後は、お腹もいっぱいになったので

運動!運動!!

 

午後2時!徒歩で、散策しながら三清洞の方へ~

 

diary2013_img014_001.gif

 

さっき、食べたばかりというのに・・・・

あちこちで見かける、生の果物のジュース!

 

딸기쥬스(いちごジュース)3,800ウォンを、

1つ買ってみました。

 

diary2013_img014_002.gif

 

これ、食後の飲み物にgood!!

口の中が、いちごの酸味と甘さで“サッパリ”して美味しい~

韓国に行かれる方には、いちごオススメです。

 

diary2013_img014_003.gif

 

三清洞は、1年ぶりですが新しい建物が建っていたり

時間の流れが早いなと感じました。

 

diary2013_img014_004.gif

 

この辺は、オシャレなカフェからショップまでたくさんあります。

あまり、寄り道をすると目的地に着かないので

前進~前進~

 

diary2013_img014_005.gif

 

さあ!

ここからが、本番のプチ登山です。

ここは、北岳山の開放区間です。

 

実は、帰ってきてから分かったことがありました。

この山は、東から登っていくと楽だったようですが・・・・

 

私達は、西から登ったのでかなり過酷なハイキング

となってしまいました(@_@)

 

でも、Tomo

「 地元の滝巡りに行ったのと、比べるとマシじゃない??  」

と言われ。

 

確かに!あれを思い出すとマシかもネ(^_^;)

 

diary2013_img014_006.gif

 

というわけで、ひたすら歩くのみ!

それでも、同じように登っていく人もたくさんいましたよ。

みんなで、登れば大丈夫!

しかし、日本人は1人もいませんでした(^^;)

 

diary2013_img014_007.gif

 

この先に、マルバウィ案内所があるのでまずはそこを目指して~

 

diary2013_img014_008.gif

 

展望台からは、ソウル市内を一望することが出来ます。

 

diary2013_img014_009.gif

 

途中、足が疲れてしんどかったけどこの景色を見たら

疲れも吹き飛んでいきそうです(^-^)

 

diary2013_img014_010.gif

 

そして、反対側を向くと山!山!!山!!!

 

diary2013_img014_011.gif

 

上ばかりでなく、下の方を見ると三清閣も見えました。

 

diary2013_img014_021.gif

 

マルバウィ案内所まで、あと少し!!

登っている途中、ちょっと足を止め下を見るとソウル城郭が

このように続いてます。

 

diary2013_img014_012.gif

 

やっと、マルバウィ案内所にたどり着き入ってみると

無料のお水があるではないですか~~(^o^)

 

こんなに、キツイ道のり(西から登り)とも知らず飲み物も持たずに

歩き続けたので美味しかったこと!!

このサービスは、嬉しいですね(^_^)

 

diary2013_img014_013.gif

 

しかし!!

北岳山探訪の申請を、記入していたらスタッフのお姉さんが・・・・

「 今日は、もう終わりです!

申請は、4時までなのでごめんなさい。 」

と、韓国語で言われ・・・・ガーン~~

 

時計を見ると、4時10分でした(汗)

パスポートも、持参してきたのに残念。

 

あまりの疲れで、ゆっくり休憩しすぎました(^^;)

また、次の機会に~

 

今度、時間があれば行きたいと思ってます!

この時、他にも1人同じように入れなくて残念そうな感じで下山。

 

私達も、申請出来ないのなら早く下山して

他の場所に行こうと思い出発!!

 

帰りは、下りなのでとても楽チン(*^_^*)

山は、季節の花が咲いていて見頃。

これは、ケナリですね~自然に癒されます。

 

diary2013_img014_014.gif

 

帰り道、運動器具を発見!!

韓国では、公園などよく見かけるモノですね。

地元の人は、本当に食にも運動にも健康志向だなと思いました。

 

私は、よくドラマで見たりしていたから

早速試したくてやってみたところ・・・・

 

これが、楽しくて~楽しくて~

ウエストに、“キュッキュッ”と効いてくる感じで気持ちが良くて(^^)

登山で、疲れたはずなのに・・・・

これで、元気になりました(笑)

 

diary2013_img014_015.gif

 

さらに下っていくと、また見たことのない機械を発見!!

 

diary2013_img014_016.gif

これ!

靴の汚れを、風で落とす機械でした。

 

すごい!!

 

実際、使ってみるとすごい勢いで風が出てきて

土ぼこりもとれ足がスッキリしました。

 

diary2013_img014_017.gif

 

ここで、プチ登山は終了!!

 

diary2013_img014_018.gif

 

午後6時半!

仁寺洞サムジキルで、お買い物~

 

diary2013_img014_019.gif

 

サムジキルを上がっていくと、見たことのない光景が・・・・

確か、1年前はこんな所はなかったんですけどね~

 

diary2013_img014_020.gif

 

1階の入り口前では、はちみつ入りのドリンクを売っていたので

はちみつ入りなつめ茶3,000ウォンを購入。

 

diary2013_img014_022.gif

 

夕方は、少し肌寒かったのでこの温かいなつめ茶

“ホッ”と一息!

 

diary2013_img014_023.gif

 

Tomoは、なつめ茶よりケランパンが食べたかったようで

昨年と同じお店を見つけて駆け寄って行きました。

 

diary2013_img014_024.gif

 

ケランパンは、“ホクホク”で美味しそうですね~

 

diary2013_img014_025.gif

 

中は、目玉焼きが入っていてほのかに甘く

素朴な味でTomoが好きな食べ物の1つです。

ケランパン1,000ウォン

 

diary2013_img014_026.gif

 

午後8時!

東大門に移動~

 

diary2013_img014_027.gif

 

夕食は、楽しみにしていたユッケ広蔵市場に食べに行きました!

 

diary2013_img014_028.gif

 

ここは、以前からお気に入りのユッケ専門店チャメッチ!

 

diary2013_img014_029.gif

 

ここの社長さん!

お肉を扱っている時は、真剣なまなざし。

 

でも、接客の時はとても感じが良いですよ(^-^)

韓国は、生肉に対して厳しいのでその様子を垣間見るようです。

 

diary2013_img014_030.gif

 

お店は、満員で30分ぐらい待ったけど長く感じませんでした。

日本では、食べられなくなったユッケ

ここで食べることが出来るからね~(^-^)

 

diary2013_img014_031.gif

 

遂に、私達の出番!

注文したのは、ユッケ12,000ウォン

カン・チョニョッ(生レバー・センマイ刺し)12,000ウォン

 

あ~

韓国へ来て良かった!!

と、思う瞬間です。

 

このユッケの甘さと、カン・チョニョッの新鮮さは

何度食べても美味しいです。

 

二人で、もう一皿食べたかったけど・・・・・

二次会が待ってるからね~(^_^;)

 

それでも、ビール2本とペッセジュ(百歳酒)を飲んでいたので

お会計は39,000ウォンでした◎大満足◎

 

diary2013_img014_032.gif

 

午後10時半!!

お次は、二次会へ~♪♪

 

diary2013_img014_033.gif

 

昨年も、食べにきたスンデの美味しい屋台!

(昨年の記事は→こちら

この時、満席だったけどちょうど席が開いたのでラッキー!!

 

diary2013_img014_034.gif

 

オンニは、相変わらず元気でお肌も“ツルツル”気前も良いです。

 

スンデ!

あ~この味!この味!!

 

スンデは、大きくてボリュームもあるし二人でも

食べきれないくらいあります。

 

diary2013_img014_035.gif

 

これは、サービスのスープですが昨年より

豪華になっていました。(具が、たっぷり入ってます)

 

diary2013_img014_036.gif

 

ちょうど、この時隣の席に日本から家族旅行で来た方々がいて

色々お話も出来て楽しかったです。

 

帰り際、その方はオンニ

「 マッコリを、1本プレゼントしてあげて! 」

と言って、私達にプレゼントしてくれました。

ありがとうございました~(*^_^*)

 

そして、もう1品トッポッキを注文!

韓国のトッポッキは、厚みがあり大きく

“モチモチ”して美味しいです。

ここの味の甘辛さも、大好きです。

 

diary2013_img014_037.gif

 

結局、マッコリ2本目まで開けれなかったので

マッコリ分の金額をトッポッキにしてくれました。

 

マッコリ1本とビール1本(それぞれ、3,000ウォン

スンデ6,000ウォン(1皿)でお会計は12,000ウォン!!

 

これが、屋台の基本だと思うけど

安くて!美味しい!!最高ですね。

 

帰り際には、

「 残ったスンデ・トッポキを、持って帰ったらいいよ! 」

と言い、 さらにスンデも“ドンドン”と切って追加してくれて

頂きました。カムサハムニダ~

 

良い気分で、お宿へ~★

 

午前2時!睡眠・・・・

なかなか、眠れない街です・・・・つづく(●⌒∇⌒●)

 

韓国「昼食!仁寺洞de韓定食」 < | > 韓国「6日目:朝食!市庁deプゴグッ&水原華城へ」

スポンサーリンク