【鎮安・馬耳山】馬耳豚農村テーマパークで昼食タイム!

2018年 全羅北道・鎮安

14時 車(有料)に乗って北部駐車場(북부주차장)付近へ。

 

この時は、ソウルから観光で訪れた韓国人のご夫婦と私達だけでした。

 

 

約10分ほどの乗車で、歩き疲れた足を一休み。

 

馬耳豚農村テーマパークから馬耳山を見ると・・・・馬の耳!

 

下車した場所は、馬耳豚農村テーマパーク(마이돈농촌테마공원)の入口付近。

 

 

入口では、豚さんがお出迎え!

 

 

その斜め横には、豚文化体験館(돼지문화체험관) という施設もあります。

この日、館内には入れなかったけど週末にはイベント等があるのかな~?

 

 

このテーマパークでは、なぜ?豚さんがメインかと言うと・・・・

 

鎮安郡は、地豚(黒豚)が生産されている有名な場所です。

ここの黒豚は、きれいな空気の環境と水で育っているので

一般の豚肉と比べると成分面でも優れているようです。

 

 

周辺を見渡すと・・・・・馬の耳?

 

そう!

これが、馬耳山・塔寺(마이산・탑사)からは見えなかった馬耳山です。

馬の耳に似てるかな~(笑)

 

 

入口付近には、本物の豚さんも登場!

 

 

Risaピョン
あれ!もしかして、珍島犬(チンド犬)?

 

 

おとなしいけど・・・急に近づくと、驚いて噛みつくこともあるみたいです。

 

ゆっくり、近づいてみると

Risaピョン
人なつこくて、とても可愛かったな~

 

 

こちらでは、お花の水やりをしていました。

 

Risaピョン

안녕하세요.(こんにちは。)

 

と挨拶。

 

 

日本では、見たことのない光景。

こんなふうに、車で水やりするのは珍しいね~

 

 

そして、ここにも豚さん!

鎮安では、豚様って感じかもね~

大切にされています。

鎮安の新鮮な野菜を、ビビンバで食べる!

 

14時30分 馬耳豚農村テーマパークで昼食。

 

この通りには、地豚(黒豚)を食べることができる

飲食店が並んでいます。

 

 

昼食の時間が、遅くなったのでどこのお店も静かで

外ではお客さんの呼び込みをしていました。

 

その中で、何気なく気になって入ったお店が

百済会館(백제회관)というお店です。

 

 

店内は、とても広くて座席数も多いです。

 

 

メニューは、こちら!

 

 

ここで、名物の黒豚を食べたかったけど・・・・・

帰る時間のことも考えて、軽く食事。

 

 

やっぱり、地方でもビビンバが食べてみたい(上の写真)ので

돌솥비빔밥(トルソッピビンパ)9,000ウォンを注文。

 

 

すぐに、おかずとビールが運ばれてきました。

 

 

春の山菜を食べながら、ビールで一息!

 

この時期、地方ではこの山菜がよくおかずに出てきます。

初めて、韓国で食べた時は草のような感じだったけど・・・・

 

酢コチュジャンで食べると、おつまみにもgood!

 

 

そして、メインの돌솥비빔밥(トルソッピビンパ)が登場!

 

 

ビビンバは、新鮮な野菜がメインって感じ?

お肉は、入ってなかったな~

 

 

ご飯の上には、サニーレタス・コンナムル・椎茸・生の白菜・キノコなどがあり

コチュジャンを自分で調整しながら混ぜ~混ぜ~

 

 

一口食べてみると・・・・

 

野菜だけのビビンバは、シンプルな味で食べやすく

ゴマ油が少し入っているので食欲もそそられて美味しかったです。

 

 

このテンジャンチゲは、薄味で少し漢方の味が?

私は、漢方好きなので美味しかったけどね~

 

鎮安で、名物の地豚(黒豚)を少し食べたい人には黒豚ビビンバが

オススメかもしれませんね!

흑돈비빔밥(フットンビビンパ)12,000ウォン

 

馬耳山(마이산)で、新鮮な空気と森林の中で

リフレッシュした後は・・・・・

 

鎮安(チアン・진안)の新鮮な食材を食べて、地方を満喫するのも良いですよ!

 

  • 돌솥비빔밥(トルソッピビンパ):18,000ウォン(2人分)
  • 맥주(CASS):4,000ウォン
  • 昼食 :合計 22,000ウォン

 

アクセス

 

 

  • 住所:全羅北道鎮安郡鎮安邑丹陽里771
  • 주소:전라북도 진안군 진안읍 단양리 771
  • TEL:063-432-1239

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行(リピーター)へ 

 

【鎮安・馬耳山】神秘的な山!馬耳山・塔寺(マイサン・タプサ)を訪ねて < | > 【鎮安・馬耳山】鎮安の歴史・文化を垣間見る!鎮安歴史博物館