【中部市場】60年以上の歴史ある伝統市場!

【ソウル】観光

 

15時30分 仁寺洞から中部市場に到着

 

中部市場(중부시장)は、ソウルに行くと立ち寄る伝統市場。

仁寺洞では、昼食の後におやつも食べたので

伝統市場を歩いてエネルギー消費!

 

ソウルで、必ず訪れたい伝統市場「中部市場」を歩いてみよう!

 

初めて、中部市場(중부시장)を訪れたのが10年前。

 

中部市場は、4年前ぐらいにアーケードも設置され

新しい風が吹き込んでいる現代的な伝統市場です。

 

 

10年という月日の流れを感じながらも・・・・

時代の変化を見ると、楽しいな~

 

 

中部市場は、1957年に開設された魚介乾製品を主に扱う市場でした。

今は、韓国で最大規模の魚介乾製品卸・小売市場で世界的にも有名な魚介乾製品特化市場に成長。

商品は、中間の流通過程がないため一般価格よりも最大で20~50%安い価格で購入することができます。

市場は、60年以上の歴史もあり品質の良さも自信と誇りがうかがわれます。

2016年には、文化観光型事業が始まり干物ビール祭りなども開催されているようです。

 

 

この日は、日曜日ということもあり一部の店舗が営業中のため

視察のみ!

 

 

中部市場には、干物以外にも海苔・ワカメ・ナツメ・キムチ・総菜などもあります。

市場内を、見て歩くだけでも地元の人の日常が垣間見えるようで楽しいひと時!

 

 

ここでは、韓国料理を作るのにかかせない粉唐辛子などの材料も調達できます。

 

 

Risaピョン
わぁ~美味しそうなクルビ(イシモチの干物)!

 

でも、パッと見ると・・・・のれんに見えてしまうのは私だけかな~(笑)

 

 

そして、中部市場を視察するのみのはずが・・・・

 

韓国料理「プゴグッ」作りにかかせない材料を調達!

 

 

ここは、ヨンナム商会(영남상회)という干物を扱うお店です。

  • 電話:02-2269-0876

 

 

店頭で、干し鱈を見て立ち止まり・・・・

Risaピョン
干し鱈は、いくらですか?

 

店長さん
1袋12,000ウォン!

 

後日、買うか考えていると・・・・

 

 

店長さん
現金なら、1袋10,000ウォンで良いよ!

 

Risaピョン
1袋下さい!

と即決。

 

干し鱈は、プゴグッ(북어국)作りにかかせない材料で我が家では常備しています。

さらに、支払後にはヤクルトまでサービスしてくれました。

 

やっぱり、中部市場は昔も今も楽しい市場。

 

昔は、キムチを漬けるために塩(韓国産)まで買ってきてたけど・・・・(汗)

それも、懐かしく感じさせる新中部市場!

 

 

こちらでは、記念撮影もできるので写真も忘れずに!

 

他に、必要な物はまた後日調達に。

 

アクセス

 

 

  • 住所:ソウル特別市中区五壮洞139-11
  • 주소:서울특별시 중구 오장동 139-11
  • TEL:02-2267-5617
  • 営業時間:4時~18時
  • 定休日:日曜日 ※店舗によって異なる

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行(リピーター)へ 

 

【仁寺洞】屋台で韓国定番のおやつ! < | > 【弘大】合井駅直結の複合施設!メセナポリスモール

スポンサーリンク